風俗求人の面接では働く上でのコストをはっきりさせておこう

サイトマップ

赤いドレスの女性

風俗求人のノルマと罰金

下着姿の女性


風俗求人を探すと目につくのは、ノルマなし、罰金なしといった項目がある風俗求人です。こういう項目がない風俗求人の場合は、ノルマや罰金があるのでしょうか。
まず、ノルマというのがあった場合、そもそもその風俗店はやめた方がいいでしょう。というのは風俗というのは給料制ではありません。キャバクラなどでは時給で給料が払われることが多いですが、風俗は接客をし、その代金の一部が店の取り分、残りが女の子の取り分という形になっています。
ですから、風俗でお客をとれない子はそもそも収入がありませんので、お店は別に出費があるわけでもないですし損をしません。なのにノルマが設定されているとしたら、女の子にとって損でしかないのです。
ただ、罰金の場合はちょっと微妙です。たとえばお店で無断欠勤、シフト無視ということをされるとこれは不利益です。予約をしてお客さんをとる形式のお店ならなおさらです。この場合、罰金をとる場合もあります。あるいは客と女の子の個人的な関係になった場合、お店のプラスが消えるので罰金とする場合もあります。
ですが、罰金という行為が法律で認められているわけではありません。あくまでお店と女の子の関係の中で行われることです。契約書にあったとしても、グレーです。ですが、それだったらとお店もなにか情報を公開するなど報復行為に出るかもしれませんし、ややこしいです。罰金、というものから距離を取れると良いでしょう。

風俗求人の地域による違い

風俗求人に応募する人には、様々な状況の人がいると思われます。例えば、関西から関東に上京してきた人が風俗求人を見ている場合があるでしょう。そして、その逆に関東から関西に引っ越したりした人が、風俗求人を見ていることもあるでしょうこの場合は、地域によって風俗求人に違いがあることを知っておいたほうが良いでしょう。おそらく風俗求人をパッと見ただけでは、違いは分からないかもしれません。まず関西の人が風俗で遊ぶ場合には、安い風俗店を選ぶ傾向があります。そして関東の人が風俗で遊ぶ時には、高い料金がかかる高級店と呼ばれる風俗店を選ぶ傾向があります。
現在は不況が長引いているような状況ですので、必ずしもこのような傾向が当てはまるわけではないのですが、全体的に見るとそのような傾向はまだあるようです。ということは、関東の風俗店で働く場合は、高級店で働くほうが稼げるということになります。また関西の風俗で働く場合は、大衆向けの安い風俗店のほうが良いと言えます。
この場合、安い風俗店で多くお客さんを相手にするとお金を稼げることになります。この傾向がすべての風俗店にあるわけではないのですが、風俗求人を探す場合には、知っておいたほうが良い知識になるのは確実でしょう。

風俗求人の面接での質問

アルバイトの面接に慣れている方は、お店側の質問にただ答えているだけでなく、自分からも積極的にお店に質問を行う事で、より働きやすいお店を見極める事が可能です。こうした面接の際の質問は風俗求人でも非常に重要な事なのですが、ここでは初心者の方にも知っておいて欲しい風俗求人の面接の質問内容について見ていきましょう。まず風俗店の面接では、働く上でのコストをはっきりさせておきましょう。風俗店を選ぶ際には給料のプラスの側面にばかり注目してしまいがちですが、働く上ではマイナスを考慮する事も大切です。
例えば寮費などは初心者の方でも想像のしやすい費用だと思いますが、この他にも風俗では衛生費や送迎代など様々なコストが発生する事があります。いくら給料が高くても、こうしたマイナス部分が大きければ受取額も大きく目減りしてしまうので、風俗求人の面接では必ずこうしたコストについて知っておきましょう。
そして風俗求人では寮を希望する方も多いですが、面接の際には必ず寮の最新の情報を確認しておきましょう。風俗店の寮には当然そのお店に在籍している女性が住んでいますが、現在の空き情報や寮費などをはっきりさせておくと、よりスムーズに勤務をスタートする事が出来るでしょう。

赤いハイヒールをはいた女性

風俗求人にはきちんと知識を持って行こう

オプションの重要性についてです。風俗求人に応募する際には「オプション」対するきちんとした予備知識を持っておくことが大切です。というのは、店舗によって差はあれども、この「オプション」というのがサービスにおいて重要な要素になるからです。「オプション」を付けることが前提で来店するというお客さんも少なくありません。次に代表的な「オプション」の例です。例え完全脱ぎなしのお仕事でも「下着を見たい」というお客さんは多く、ニーズの高いオプションとなります。このオプションもNGに…

Copyright © 2017 風俗求人の面接では働く上でのコストをはっきりさせておこう All Rights Reserved.